フレンチブルドッグってこんな犬

 

体の色々

FB_description

気性について

最高に愛らしい存在で、一緒に暮らす最高のパートナーとなるでしょう。ほとんど吠える事はなく、吠える時も、何かをおねだりしていたり、ご機嫌が斜めであったり、かまってほしいという理由から来る事が多い様です。辛抱強くて、飼い主さんの事を心から愛してくれます。正しい方法で対面させる事ができれば、他のどんな犬種とも仲良く出来る犬です。

 

毛について

white creamfawnpidebrindle

程よく細く、艶やかで短い。そしてサラッとしている。

一般的に黒地に茶系の斑模様が入った「ブリンドル」、白系の「ホワイト」、白とベージュの中間色の様な「クリーム」、黄褐色系の「フォーン」、白地にフォーンやブリンドルの斑点が入った「パイド」などがある。ブリンドルとは毛の名前ではなく、黒とフォーンが混ざったパターンの事を言う。−フォーンの毛が多い目のものをタイガーブリンドル、黒が多い目のものをダークブリンドルと呼ぶ)。


暑さが本当に苦手

呼吸器システムがあまり優れておらず、気道が狭いので、効果的に体温を調整する事が出来ないそうです。そのため他の犬にとって若干苦しく感じる程度の暑さが、フレンチブルドッグにとっては非常に危険なのです。いかなる時も過度の暑さを避けてあげる事、休める日陰がある事、キレイな飲み水がある事がとても大切です。暑くて湿度が高い環境(まさに日本の夏)でエクササイズさせる時は、十分注意が必要です。アウトドアでは生きていけない犬種なのです。

 

エクササイズについて

それ程多くのエクササイズを必要としない犬種らしいんですが、でもやっぱりお散歩程度の運動は必要ですよね。

 

泳ぎは苦手

頭でっかちだから、基本的に泳ぎも苦手みたいです。私のフレンチブルドッグも一度ライフジャケットを着用し泳ぎに挑戦したのですが、やはり「カナヅチ」でした。

 

フレンチブルドッグは賢い?

Stanley Corenの著書「The Intelligence of Dogs」によると、賢さランキング58位だそうです。なにをもって賢さを計っているのか? どうやら、この書籍を読んでみるしかなさそうです。興味のある一冊です。

 

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]